皆知ってる!?100種類を越える宮廷料理「満漢全席」

皆知ってる!?100種類を越える宮廷料理「満漢全席」

满汉全席、拼音: Mǎn Hàn quánxí

たまに中国に旅行に行った生徒さんから「先生は!満漢全席って食べた事ある??」と聞かれることがあります。

答えはメイヨーです!なぜなら「満漢全席」は今は存在しないからです。これは高価だからではなく、もう単純に無くなっちゃたんです・・・・

そもそも「満漢全席」何か?

清の乾隆帝(1735年~1796年)から西太后(1835年~1908年)までの間に食べられていた宮廷料理(山東料理がベースだったようです)で、清王朝は満州族が中国大陸(漢民族)を収めた国だった為、2部族の友好を象徴する為に始まったとも言われている料理です。

皆様は「満漢全席」は日本の懐石料理みたいなイメージだと思いますが正確には「乾隆帝の時代に始まった、100種類を越える料理を宴席に出す宴会様式」のことを言います。現代社会にはこの宴会スタイルは無くなり、代わりに日常で料理が豪華であることを表したい時に、「本当に満漢全席ですね」と使っています。

では、昔の満漢全席はどのようなものでしょう。早速紹介します。下記の写真の通り:

とにかく種類が多いですね特色がその珍味の多さです。熊の掌、鹿の尻尾とアキレス腱、ヒョウの胎児

猿の脳味噌等もなんかもあったようですね・・・・・(ヒェェェ・・・・・)

料理の種類多くは北京、山東省、浙江省、東北地方の郷土料理がメインとされています。

(熊の掌)

(鹿の尻尾)

無くなった理由は清朝が滅亡(1912年)した時に宮廷内の料理人が四散し、料理の伝統が途絶えたと言われています。

(意外と最近まではあったんですよね・・・・)

今でも北京で「満漢全席」と名前のついているコースがあったりはしますが

どれだけ高価なコースでも「資料を基に再現出来るとこはやってみた高価な料理」といった程度です。

昔の皇帝様の料理を現代で食べるのは、なかなか難しいですね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。


中国語に興味のある方、様々な中国歴史に興味がある方

STEPチャイニーズスクールで中国語を勉強して中国旅行をさらに楽しくしましょう!

大阪で中国語始めるならSTEPチャイニーズスクールへ!

☆無料体験レッスンのお申し込みはこちらのフォームからお願いします☆

※携帯のアドレス(@docomoや@ezwed等)からお問い合わせ頂く際は「パソコンからのメール返信を受信出来る」ように設定を必ず、変更してください。もし、ご不明な場合は080-2880-7665までお電話やショートメールでも結構ですのでお問い合わせください。必ず24時間以内にお返事致します、その為もし当校からのお返事がない場合、エラーでお返事出来ない状態になっている可能性が高いのでお手数ですが上記電話番号までショートメールをお願い致します。※

Follow me!