中国で何食べる?中国に行った時に困らない料理選び!

中国で何食べる?中国に行った時に困らない料理選び!

中国旅行に行った時、何食べればいいか困った事はありませんか?

美味しそうな料理は沢山あるけど、読めないし、結局どんな料理なの?辛いの?酸っぱいの?

なんてことないですか?

今回は中国旅行に行った時に失敗しない「中国料理」の美味しくお財布にも優しい料理をご紹介します。

①地三鮮

じゃがいも、ナス、ピーマンの炒め物です!一回素揚げした野菜を甘辛いタレで炒めてます。

日本人にも食べやすい味付けで美味しく、何より安い!(お肉が入ってないので!)

②红烧肉

分かりやすく言うと豚の角煮です。豚肉+ウズラの卵+銀杏が入ってます。少し味が濃いですが日本の豚角煮のベースになった料理なので日本人にも食べやすいです。

③麻辣烫

中国のおでんのような物です。自分で好きな具材を取りそれを煮込んでもらって食べるという少し、面白い注文方法です。味は日本の豚骨ラーメンによく似てます。ゴマダレもよく効いてて、香辛料料理が大丈夫な方は口に合います。私もこの料理が中国料理で一番好きです。

④锅包肉

豚肉の甘酢唐揚げです。東北料理ですが、中国では人気で結構どこでも食べれます。甘酢の酢の要素がよく効いててカリッとした食感とガツンと来る味が、THE中国料理といった感覚です。一皿に乗ってくるお肉の量が多いので大人数で食べたい一皿。

⑤家常凉菜

「凉菜」とはサラダの事を言います。「中国で生野菜大丈夫?」と思われるかもしれませんが最近のは大丈夫なんです。中国もドンドン衛生的になってきて、生野菜もよく口にします。家常凉菜の「家常」は家庭料理の事を指しており「家でよく出てくる普通のサラダ」と言った形容ですね(笑)「おふくろの味」いうやつです。味は御酢ベースのドレッシングにキャベツ+水菜+玉ねぎ+キュウリ+パリパリした麺みたいなやつ+大量のパクチー、を細切りにして和えていてさっぱりして食べやすいです。ただし!パクチー嫌いな方には恐らく100%食べれないサラダなので、そんな方はやめておきましょう!

今回はこれぐらいにしておきます。中国料理は他にも本当に沢山種類があり、正直私も食べた来ない物が大半です。

まだまだご紹介していない美味しい料理が沢山あります。

気になる方は当校まで遊びに来てください。

大阪で中国語を学習するならSTEPチャイニーズスクールへ!

☆無料体験レッスンのお申し込みはこちらのフォームからお願いします☆

※携帯のアドレス(@docomoや@ezwed等)からお問い合わせ頂く際は「パソコンからのメール返信を受信出来る」ように設定を必ず、変更してください。もし、ご不明な場合は080-2880-7665までお電話やショートメールでも結構ですのでお問い合わせください。必ず24時間以内にお返事致します、その為もし当校からのお返事がない場合、エラーでお返事出来ない状態になっている可能性が高いのでお手数ですが上記電話番号までショートメールをお願い致します。※

Follow me!