1日で3憶円を売る怪物インフルエンサー「李佳琦」

1日で3憶円を売る怪物インフルエンサー「李佳琦」

中国では口紅王子と言われていますね。

中国のトップインフルエンサー「李佳琦」(別名→Austin)はアリババのECサービス「淘宝直播(タオバオライブ)」でトップを走る中国のKOLです。

まず補足説明しますね「KOL」とはKey Opinion Leaderの略です。中国でよくあるテレビショッピングは完全に古臭く存在になっており、老人しか見ないと言われており終わってます。(まぁ日本もあまり変わりませんが・・・・)ですので、SNSやECサイトのライブ販売が大きく収益を伸ばします。これを「ライブコマース」と言います。

インフルエンサー界には大きく分けて「KOL」とその下の「KOC」(Key Opinion Consumer)が幅を利かせてます。

オースティンはその中でも3本の指に入ると追われているKOLで一日の最高取引額は3憶2000万円(W11の売上は除く)を売り上げた実績のある怪物KOLです。

元々彼はロレアルの化粧販売員だったのですがロレアルが主催したタオバオライブで徐々に人気が出てきました。

口紅は付けませんが私も何度か見たことがあります。確かにイケメンではあるんですが

説明が細かくて化粧品を使用しなくても面白いです。中国人は基本的に商品に対する忖度をあまりしません。

ですのでオースティンも「好き嫌い」をしっかり商品説明に入れて説明します。

ただ、面白ういのが「商品がなぜダメで、もっとこうすれば好みの色になる、だからこういった色味が欲しい人はこの商品はありだと思う。」としっかり批判もしつつ刺さる人には刺さる説明も入れます。

2018年のW11(11月11日)には一日で10億6000万の売上を叩き出しました。これは理由が②つあって①はW11だったので爆発力が異常です。②はアリババの創業者ジャックマー(馬雲)と「口紅販売対決」を行い、大きく話題を呼んだためです。メディア露出が好きなジャックマーらしいですね!

もし今後中国での販路をお探しの方がおられましたら、まずはこのライブコマースを中心に考えるのが「今現時点」での販売活路としては有効です。ECサイト(淘宝や东京など)で販売してもなかなかライバルが多いんので短期的な結果はほぼ絶望的だとは思います。(商品に知名度があれば別、資生堂やSK2レベル)ですので、もし中国で短期的に一気に収益を上げたい場合は、KOLを使えるかどうかにかかってきます。その為、中国では日本とは比べものにならないほどKOLが一一緒の「議決権」を持っていると思ってください。彼らの力をなくして中国で短期的に物をするのはほぼ「今の中国」では不可能です。

スピードが恐ろしく速い中国経済、来年再来年とトレンドと販売スタイルも変わっていきます。

中国にはまだまだ沢山の企業や日本には存在しないビジネススタイルがあります。

食べて!見て!!触れて!!!もっと中国語を楽しみましょう!

大阪で中国語を学習するならSTEPチャイニーズスクールへ!

無料体験レッスンでお待ちしております。

☆無料体験レッスンのお申し込みはこちらのフォームからお願いします☆

※携帯のアドレス(@docomoや@ezwed等)からお問い合わせ頂く際は「パソコンからのメール返信を受信出来る」ように設定を必ず、変更してください。もし、ご不明な場合は080-2880-7665までお電話やショートメールでも結構ですのでお問い合わせください。必ず24時間以内にお返事致します、その為もし当校からのお返事がない場合、エラーでお返事出来ない状態になっている可能性が高いのでお手数ですが上記電話番号までショートメールをお願い致します。※

Follow me!