春節(旧正月)についてどこまで知ってます??

春節(旧正月)についてどこまで知ってます??

今年もいよいよ、中国①のビックイベント「春節」がやってまいりますね。日本では「旧正月」と言われることが多く、皆様も「中国のお正月で大型連休だよね?」的な認識はあると思います。

でも、実際中国国内では春節に何が行われて、なぜやるのかを知らない人も多いと思いますので。今回はそれについてザックリとご説明します。

そもそも「春節ってなんぞや?」「なぜにそんな事するの?」「じゃあ中国は元旦は何もしないの?」と色々と疑問に思われる方も多いはず。

まずこの「春節」というのは中国の暦法「農歴」によって決められています。日本は西暦で活動してますよね?中国も普段は西暦で活動してますが、春節だけは「農歴=旧暦」で行われます。なので旧正月という言い方が定着しました。

ちなみに春節を行うのは中国のみならず。台湾、シンガポール、韓国も行うようですね。(韓国は知りませんでした・・・・)

春節の歴史は諸説あるようですが非常に長く、夏の時代から正月として隋や唐、清まで脈々と受け継がれて来たようですが、清消滅後、中華民国(台湾)がグレゴリオ暦を採用して1月1日が元旦、旧暦元旦を春節と定めました。

春節はの日取りは毎年異なります。それはなぜなのかと言うのが気にならないですか?

春節は旧暦なのでグレゴリオ暦では無く、太陽暦によって日取りが決まってます。太陽暦は1ヶ月が29.5日なので一年が354日になります。なので年一で閏月(うるう月)を設けて一年を13か月とします。なので春節は毎年1月末~2月初旬開始ぐらいになるのです。

なので「月が遅れている」わけではなく「月のカウント方法がそもそも異なる。」という事ですね。

ではでは春節は実際になにをするのか?「人民大移動」というのを聞いたことありますか?

これは少し揶揄した言い方ですが、冗談抜きで中国の春節の皆様の移動人数は半端ではないです!日本人の想像できるレベルではなく何億人という方々が国の内外を行き来します。ある人は帰省したり、またある人は旅行に行ったりと思い思いに春節の長期休み(1週間ぐらい)を楽しみます。春節には会社も休みになり、市場や商店も閉まります。物流も止まるので生鮮食品が手に入らなくなったりと徹底的に休みを謳歌します。

これは日本が真似できないところですが、私としては「いい正月の過ごし方だな」と非常に感心します。私も中国生活1年生の時に北京に旅行に行くなどというアホな行動を起こしたため、空港で、地下鉄で、観光地でと度重なる春節大移動の洗礼を受けに受けました。それからは春節はじっと家でテレビを見るか、夜外に出て誰も居なくなった大連の街を見て「俺今リアルアイアムレジェンドやーーーー」と叫んでいました。(←ウィル・スミスの映画です。)

その他にも春節では外で爆竹をやったり花火をしたりと連日とにかく盛り上がります。爆竹は魔除けとして行います。「邪気を払い来年いい年に」という事ですね。

「春節はおせちを食べるのか?」これは流石にないですが、中国独自の縁起の

いいとされる食事をします。例えばいつもお祝い事に欠かせない餃子や年糕という甘いお菓子等を食べますね。地方によって食べるものは全然違うので、またそれも面白いです。後はとにかく飲みます!朝からベロベロになるまで飲んで飲んで飲みまくります。私も中国人と一緒に住んで居た時は春節はとにかく酒から逃げることが出来ませんでした・・・・・

今年の春節は2月12日ですね。私も久しぶりに中国で春節を過ごしてみたいですね~

食べて!見て!!触れて!!!もっと中国語を楽しみましょう!

大阪で中国語を学習するならSTEPチャイニーズスクールへ!

無料体験レッスンでお待ちしております。

☆無料体験レッスンのお申し込みはこちらのフォームからお願いします☆

※携帯のアドレス(@docomoや@ezwed等)からお問い合わせ頂く際は「パソコンからのメール返信を受信出来る」ように設定を必ず、変更してください。もし、ご不明な場合は080-2880-7665までお電話やショートメールでも結構ですのでお問い合わせください。必ず24時間以内にお返事致します、その為もし当校からのお返事がない場合、エラーでお返事出来ない状態になっている可能性が高いのでお手数ですが上記電話番号までショートメールをお願い致します。※

Follow me!